ヘルプ サイトマップ
home ==> 面接及び契約の留意事項

1 面接日を決める

1.本会は申込みのあった先生に速やかに家庭からの申込みの旨メール連絡。
2.家庭教師は速やかに諾否メール連絡をします。
3.本会は速やかに家庭に結果報告の連絡(メール)をします。
4.家庭の事務手数料(保証金)の支払い及び本会の確認作業。
5.本会は、家庭に先生情報(氏名、メールアドレス、電話)をメール連絡します。
6.本会は、先生に家庭情報をメール連絡します。
7.家庭もしくは先生は相互連絡が可能となりますので、面接日の取り決めや連絡方法を決定下さい

2面接日

先生の準備
1.本人の身分を証するもの(学生証、免許書等)
2.契約に必要なもの(申込書、授業確認簿、印鑑、筆記具、領収書)
3.お試し授業に必要なもの(各自好きなように)
家庭の準備
1.契約に必要なもの(申込書、授業確認簿、印鑑、筆記具)ーーー申込書、授業確認簿を家庭が準備する場合
 (注)サポートのページ参照。
2.お試し授業代及び交通費(実費)

面接及びお試し授業

3 その後の家庭の対応

(契約が成立した場合)   本人にその旨連絡すると共に本会にも決定のメール連絡。
(契約が不成立の場合)  本人にその旨連絡すると共に本会にも不成立のメール連絡。
家庭は再度先生を選択し、生徒登録をする。生徒登録の文面は生徒名、メールアドレス、先生番号で可能です。
(事務手数料の返還)    事務手数料と振込金返還事務負担金の差額を返金する。

4 女の先生の面接について

 家庭教師の派遣センターは契約をする為、家庭訪問をします。 この時、道順や四囲の状況を見、安全確認をしています。女性を先生に指定した場合、 この作業をする必要性があります。
個人契約、直接契約と言いましても念のため、 初回時には男性の同伴、若しくは事前の家庭訪問をお願いします。何の費用も頂かない直接契約会としてはこの費用は 家庭にお願いしたいと思います。